読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

怠惰とは違う。『その夜の侍』

映画

「他愛のない話がしたいんです」

妻をひき逃げで殺された男。中村健一(堺雅人
ひき逃げ犯(刑期は終えている)。木島(山田孝之

中村より木島に毎日送られる果たし状。
「お前を殺して、俺も死ぬ。決行まで○○日」

カウントダウンがされる中で、2人の侍の日常が描かれる。

妻を失い、復讐を誓うも、ただ復讐の怨念に駆られているだけではなく自分自身も追い詰めているような中村。
鉄工所の仕事の合間、汗まみれの臭そうな格好で、包丁をしのばせながら木島をストーキングしている。

中村は妻を喪失した。そしてそのまま5年間、ネジがどこかはずれたようになっている。
妻の遺骨は家の机の上においてあるまま。
何度も何度も妻が死ぬ前にスーパーからかけてきた留守電メッセージを聞きながら、妻の衣服にかこまれている。

糖尿病の気があり、プリンを何個も何個も食べる。

どうにも奇妙な男。
そして妻の弔い方がわからず5年間彷徨っている男。

一方の木島は傍若無人。無軌道に人を痛めつけ、つまらねぇといって行為をやめ、どうしようもないクズな男。映画『ヒーローショー』で描かれていたような、若者の無邪気な暴力とは違った、そこにどうしようもない孤独を抱えて、無軌道に生きているように感じる。

なぜだか僕は漫画湘南爆走族の特攻隊長石川の中学生時代のシーンを思い出していた。
理由はわからないのだけれど。
石川は「俺はこの持て余した気持ちをどうしていいのかわからねぇ」と無軌道に暴力を振るっていたが、それは自分を傷つけ、孤独になっていく過程であった。
湘南爆走族』では江口に会うことで、仲間を得て救われる石川だが、

この映画で描かれる木島は孤独だし、別に熱い魂はもっていないようにも思える。怠惰とは異なる虚無のような感じ。

ただ、その行為によって傷つけられたはずの人達が、その木島の孤独に引き寄せられてくる。
「僕は趣味とかないし、TVもつまらないし、はは・・・」
「なんかいいですよね、部屋に人がいるのって」

どちらもどうしようもない孤独を抱えた中年のおっさんと若い女性が木島に触る事で、孤独が埋められているように思えてくる。

喪失と狂気と孤独が混在した映画。

「侍」とは何なのか?

そこは妻を奪われた男からの仇討ちの果たし状であり、
クライマックスで嵐の中でお互い包丁をもって対峙する二人の姿なのだろう。

「こんにちは〜」と絶叫する木島
「お前はどうしたいんだよ?」と問いかける木島

中村は答える。

「失敗した」
松屋でカレーを食べてしまったから、今はカレー臭いんだ」
と。

土砂降りの雨の中で対峙した二人の結末はどうなるのか?

「他愛の無い話がしたいんだ」
中村は言う。彼が奪われた世界。

「他愛の無い話」は自分一人では成り立たない行為。

この映画の結末はできれば映画館で体験いただきたいので、今日は書きません。

ただ、この映画は「復讐劇」ではない。もっと重くて切ないものが残ると思います。

映画の評価ですが、主役の2人はもちろん、脇の方々もしっかりした演技で、終始緊張感があり、合間にちょっとシュールな笑いがある映画でした。

2時間しっかりと観れて元が取れる映画だと思います。
『その夜の侍』★★★

その夜に何があったのか?是非観てみてください。

映画「その夜の侍」オリジナル・サウンドトラック

映画「その夜の侍」オリジナル・サウンドトラック