心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

【回答】地元について

二つ目の質問の回答です。

・地元への想い

 

んー。地元。

昨日の友人。特に家族みたいな友人たちは基本地元にいるので、生まれてからから18歳まで僕を育んでくれた地元はやはり好きですよ。

 

高校卒業、大学進学で地元を離れたので、

地元で暮らしたのは18年間。

それからは27年間都内に住んでいるわけで、随分前から地元より都心での暮らしの方が長くなりました。

 

でも、何年住んでも「田舎から東京に出てきた田舎もん」みたいな感じで日々を過ごしています。

 

30代くらいの頃は友達に「市長として戻るぞー」みたいに話してたのだけれど、最近はあまりふざけた事は言わないようにしています。

 

都内の賃貸暮らしは狭いし不便な事もあるけれど人付き合いが苦手な自分には楽。

地元で町内会やら、消防団やら、市の仕事やら、本当に沢山の人間関係の中でそれぞれ頑張っている友人達の姿を見ると、気楽に地元でー、市長にーとか言っちゃ悪いかなと。

 

今は昔と違って、ネット通販があるし、ゲームもダウンロードだし、漫画も電子書籍だしで、正直地元にいても不便な事はないと思います。

ただ、地元を拠点に暮らしていく。と考えると、多分無理だなぁと。

手に職があるとか、自分で会社を起こすとかじゃない限りは給料水準が違うかなとは思います。

まぁ家賃安いし、都内より実は良い暮らしが出来る可能性があるのは否めませんが、とりあえず自分の年齢とかで検索かけると、地元に仕事ないですよ…

 

あ、別にべらぼうな給料もらってるみたいな話じゃなくて、地元に再就職しようと仮定して検索とかすると年齢ではじかれるし、年齢でオーケーなところは額面20万あればすげー。みたいなのが羅列されてるので、その水準だと、流石に今の方がもらっております。

 

ここら辺、誤解ないようにですが、僕の場合は特殊なスキルとかないので。っていう前提がつくので、地元で働く人がみんな薄給というわけじゃないです。しらんけど。

 

■自転車でいける場所が全てだった

高校卒業まで暮らした町は僕にとって愛すべき場所で自転車で行けるところが全てでした。

愛すべき。と書いたけど別に幸せ一杯だったわけじゃなくて、嫌な事とかもあったと思うのだけれど、この歳になると、嫌なことってある程度は消えちゃうものかと思います。

ずっとずっと心に傷がある人もいるかもしれませんが、僕にはそこまでの数がなかっただけかもしれません。

 

大人になって車にも船にも飛行機にも乗れて、それこそ日本から海外に移動できるようになりましたが、小さな箱庭のような世界で一生懸命自転車を漕いでいたそんな情景が心の中に残ってて、そう言うのがあるので地元を故郷と思えるのかもしれません。

 

今は現在地元で苦労してる人からは「田舎なめんな」って怒られそうですが。

 

結局、自分を作ったルーツの中に、住んでいた場所や景色というのが組み込まれているのだと思います。

 

僕が凱旋する日あるのでしょうかね?

 

でも、ずっと東京で根無草をするとも思えないので、最後は実家近くに戻るのかもしれません。

 

ここら辺は今はまだ大丈夫とはいえ、

・親の老後

・更に先に親が他界した後の墓の管理とかどうするのか

とか、色々考えると面倒そうな事も未来にはあるのだなぁと思います。

 

子供の頃にみた景色。

これから見ることになるであろう現実の問題。

 

ここら辺が【中年の危機】に繋がるのかなと思った次第です。

 

それでは、また。

 

 

【回答】友達について

ご質問いただいた回答です。

「友達について」

 

ご質問主さんは同年代との事、質問に「中年の危機について」もテーマで。とあったので男性の方でしょうか?

 

友達の何が知りたいのかな?というところまではわからなかったので、僕の友達の現状と、友達というものについてどう考えているか?について、つらつらと書いていきます。

ちなみにいつもブログはアプリで書いているのですが、昨日PCでログインして自分の過去の記事を「友達」で検索したら結構書いていました。

別で該当抜粋したものをUP予定です。

 

さて、つらつらと。

 

■友達はいるのか?

少ないかもしれませんが、います。

 

友達の定義から始まると何時にこのブログ書き終わるかわからないのですが、なんというか「こっちは友達だと思ってたけど、あっちはそうは思ってなかった」というのが100%ない。と言い切れる関係の友達がいる。数は少ない。という感じ。

 

中には付き合いが長すぎて、友達とか親友とか、そういうものではなく、家族とか兄弟みたいな関係になってる人もいます。

 

僕はけっこう孤独感感が強い人間だと思うのですが、孤立してないのは、こういう友人がいてくれるからかなとは思います。

 

こういう友人はやはり子供の頃からの付き合いが多いですね。少ないけど。

 

■社会人になってからの友達

大人になると友達作るのは難しいなと思います。

前述したような「お互いに確認しなくても友達なのは間違いない」というのは多少揺らぐでしょうか。

友達というか仕事を通して今も付き合いがある「戦友」とか「よき先輩、頼しき後輩」という関係。僕は転職を何回かしているので、職場の飲みニケーションでの付き合いというのではなく、お互いに職場は違っているが今もたまに会って食事をする関係の方々。

ここらへん「家で一緒にゲームをする」みたいな関係ではないので、それは友達ではない。と言われると該当者がいなくなっちゃうかもしれません。

でも子供の頃に一緒に遊んだり部活で汗を流した。とかは大人で当てはまると「仕事」の要素が強いかなとは思います。

自分が働くのは嫌いですけれど、かつての同僚とかが今仕掛けてる仕事とかの話を聞くのは楽しいです。

 

■ネットを通じて友達になった人

今も連絡が取れ、上京した時にメシを食べる関係が作れた方は1人です。

ブログもSNSも10年以上やってますが、1人ですね。

僕は友達と思ってますが、彼にもそう思っていて欲しいなと思っております。

どういう経緯で会ったかは詳しく思い出せないのですが、秋葉原にあったガンダムカフェで飯食ったのが出会いでした。

 

よく見ていたサイトのオフ会というのに一度だけ行ったことがありますが、そもそもオフ会というのが僕には無理でした。

 

■趣味の友達

上のネットでの友人とはガンダムが好き。という共通点があるので趣味友でもあります。

それ以外は誰もいません。

ゲーム。

漫画。

映画。

ここら辺、話す友達がいない。

SNSとかで語り合ったりしてる方々が眩しいですわ。

ここについては、自分の趣味が広く浅く。かつ「それは娯楽であって趣味ではない」と言われる類のものであって、なかなか程よい相手が見つかる事なく今に至ります。

ガンダム。みたいに作品(ガンダムはジャンルみたいなものというのはいったん置いておく)に特化していたらと思うのですが、一つの作品を深く愛する人にとっては僕は浅いのだろうなと思うので、自分からそこに踏み込むことが無い感じです。

 

前職辞めた時に「映画好きなんでしょ?一度飲もうよ」と言われて飲みに行って意気投合した方はいたのですが、これはコロナ禍に入り、会えないまま数年が経ちました…ここは自分の中のコロナ禍と人に会うというのに折り合いがつけば会いたいものです。

 

趣味というか、好きなものの話をしたりして楽しい時間を過ごせる友達がいたらな。とは思うのですが「自分は楽しい時間を相手に渡せるのか?」を考えるとうーん。という感じ。

 

■一度途切れた友達への想い

ここら辺、愛憎が入り乱れた過去のブログを読めばわかるかと。

Facebookが昔から盛んだった頃、やるべきか結構迷ってて、結局はやりませんでした。

僕は友達は基本ずっと友達だと思っていますが、相手にとっては友達ではない。という時の感情の整理が出来なかったので、やらずじまい。

 

ここでは「いつでも連絡がとれるのに、もうずっと連絡をとっていない相手」となります。

今も僕のスマホには電話番号があるけど、20年前にかけただけの番号の相手にみたいなの。

 

ここらへん、同年代の方だとわかるかと思うのですが、今のようにスマホがあって、SNSがあって、 LINEがあってという時代じゃなかったので、学校を卒業したら、そのまま連絡先がなく途切れてしまう関係って今より多かったと思います。

 

それはそれで、ずっと繋がっている今の時代がいいのかはわからないですが。

だから、そんな時代でも連絡先は交換したけど、結局はお互いに友達関係を維持するコストを払わなかった事については自分自身の後ろめたさや、相手にとっても自分はコストを払う対象ではなかった。というのをあえて確認してしまったような関係なので、ここらへんは複雑。

 

逆にそこまで関係は深くなかったけど、同窓会とかで再会していい大人としての友人関係がはじまる。みたいなのはあまり抵抗がないです。

自分で書いててめんどくせえやつだな。とは思いますが、そこらへんが友達が少ない理由かと。

 

■友達の1番は求めない

恋愛じゃ無いですし、自分が友達にとって一番の友達のだとは思ってないです。お互いに1番だな。って思えるとしたらそれは親友みたいな関係かと。

 

■友達で居続けるためのコツ

先日ほかのブログで「友達を維持するためにはコストを払う必要があった」的なやつを読んだのですが、半分くらいは同意ですが、僕自身は「場を設ける」というのが大事だと思います。

僕の場合は毎年地元の夏祭りの日と大晦日に友人と会います。

それ以外に会う事はまず無いですが、大晦日には必ず。

そういう決め事をしていると「今年もいつもの日がきたな」ってなるので。

 

まぁ大晦日は特殊なケースかもしれませんが、もう少し緩く「必ず忘年会はする」とか決め事があるといいと思います。ただ忘年会をする。だけだとふわりとしてるので、12月の第一土曜日は必ず○○の会だ!とか。

 

■誘われない男ではある。

なんか、友達いる感じで書いてますが、誘われない男ですよ。過去に同じ題名でブログ書いています。

友人たちの大晦日とかおさえている代わりというわけじゃ無いですが、普段会う事はないですし、メールやLINEとかなんでもいいですけれど、基本連絡なんてこないです。

この状態だけ見たら「お前、友達のいないだろ?」と言われても反論出来ないですね。

基本、誘われたら行きますけどね。

誘ってくれる友人はごくわずか。

 

ここら辺、ジレンマはあって、集合かければ集まってくれる友達はいるけど、集合かけなければ5年でも10年でも会わない人もいる。

で、その会わない友達が僕を外して会ってるか?といえばそんな事もなくみんな「いやー5年ぶりくらい?」みたいなノリで話をだす。

 

ここらへんは、それぞれの友達の僕の知らない交友関係とかあるでしょうし、前述した1番の友人である必要はない。と思っています。

 

こういうの同年代くらいの方はみんなLINEとかそういうのでしょっちゅう連絡が取り合ったりしてるもんなのですかね?

未知の世界。

 

あと、グループLINEとかそういうのもやってないです。

友人の1人がガラケーやめたら流石に1つグループ作ったりはするかもしれませんが、たぶん何もやりとりが発生しない。

集まる時の時間の連絡とかでしょうか。

 

■友達は増えたらいいなとは思ってる

僕は自分から相手の懐に入るのが苦手なので、なかなか友達は出来ないのは自覚しているけれど、新しい世界を教えてくれる友達ができたらいいなとはいつも思ってます。

 

前にこのブログも「ボトルメール」みたいなものだと書いたのですが、誰かの手に取ってもらい、興味を持ってもらえて、そこで交友が始まるみたいなことがあれば、それは素敵だと思っています。

 

※ここまで書いてて「こいつめんどくせえ」とますます新しい友人作りは遠のいたかもしれませんが…

 

さて、回答になりましたでしょうか?

「いや、私の聞きたかったのはそういう話じゃ無い!」とか、何かあればお気軽に質問箱に投げてください。

 

次回は【地元について】です。

 

それでは、また。