心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

審判の日(人間ドック編)

3月末に受けた人間ドックの結果が届いた。

結論としてヤバイ病気はなく、とはいえいろんな項目に『1年後再検査』がついているような状態である。

 

でも、良かった。ここ数年、人間ドックを受ける前と受けてから結果の出るまでがとても怖くて堪らない。『いつか糖尿病になる』と思ってるからだし、そうなってもおかしくない食生活と運動不足が顕著だからだ。

 

糖尿病。具体的な症状はなってみないとなんともいえないのだが、僕の場合、祖母、父共に糖尿病であり、ガンで喪っている。なりやすい家系か?と言われればかなりのエリートなのではないだろうか?

 

だから、ずっと怖かった。ヘルニアのせいかもしれないが左足だけ痺れる時があったり、ここ最近左目だけ視力が低下したり、糖尿病かは別として、これはこれでヤバイのだが、『なんかヤバイ病気だったらどうしよう?』と悩みつつ、忙しい仕事でせめて自分の心の安らぎをと毎日のようにコンビニのスイーツを食べる日々。

病気が怖いといいつつ、病気になってもおかしくない生活をしていて、いざ検査前後で恐怖でおかしくなりそうというアホな日々を過ごしている。

 

でも、まぁ今年も生き延びた。ビールを始めお酒を飲まないのに尿酸値が一気に悪化したのは気になったが…

 

いつか本当に審判の日は来るのだろう。

 

それまでに少しでも悔いがないように、バランスのとれた日々を送りたい。

特にストレスのない人生がいいなぁ。

エンドレス14

都内の僕は目下外出自粛中である。

それにしても3月に総理が子供達の学校を一斉に休校にしたあたりで『この2週間が』的な話だった気もするし、その後都内がやばいとなった時は都知事が『この週末を自粛して2週間を』的な話だった気がするし、緊急事態宣言が出されても『これから2週間で』と、ずっと2週間後をベンチマークにしているのだが、その2週間後に、更に2週間後を追っている気がする。

世界中で終息してないわけだから、今我慢する事で未来がどうなるかは他国の数値や分析に基づいた判断でしかないのだけど、毎日を生きていく身としては、2週間後に『これから先の2週間が肝要』とか聞いてる気がする。

いつかこの時間は繰り返していないのに繰り返される2週間の日々が終わりますように。

 

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失

  • メディア: Prime Video