心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

寺地はるな『どうしてわたしはあの子じゃないの』を読んで想う。

14歳になったばかりの頃、それまで顔も名前も知らなかった他のクラスの女の子から急に好意を寄せられて、どうしていいかわからず『おはよう』と声をかけられても無視し続けた事がある。

何で女の子は友達がたくさんいるところで僕に声をかけるのだろう?恥ずかしいじゃないか。

僕が1人の時は何でその子は沢山の女の子がいるところで『おはよう』というのだろう?

男友達とバカをするのに夢中だった僕に急に異性を意識させられて何も出来なかった。

正確に言えば『避けた』

もう30年くらい前の事で、ぼんやりとしか覚えていないけど、その子や周りの子達にとって僕は『挨拶も無視する失礼な奴』だった。

僕は僕で一対一でゆっくり話す機会があればなあ。なんて事を考えたりもしたけれど、それは祈りで表面上は誰からもわからない事。

 

なんて事をちょっと思い出させてくれたのが、

寺地はるな先生の『どうしてわたしはあの子じゃないの』

 

冒頭の僕のエピソードとこの本のメッセージはちょっと違うのだけれど、寺地先生の著作で僕が好きな『他人は自分が見えてる部分が全てではない』というのが本作も描かれている。田舎から出たいと切に願いながら生きる主人公の学生時代の出来事と友人達それぞれの心情が『あの時書いた友達への手紙を3人で読もう』という現在の出来事に向けて紡がれていく物語。

 

自分に見えている景色が他の人からは違う景色だったり『俺がお前なら』ってあるのだろうか。あるのだろうなと思う。僕はもう忘れてしまっているだけで。

14歳の時、あの子を無視し続ける僕を見ていた人の中には『僕の変わってよ』って思っていた男の子もいるのかもしれない。

 

程度は違えど今も似たような事で悩んだらもする。仕事で『前任者と比べられてるだろうな』とか『きっとこの案件落とすと○○と思うのだろうな、話したくねぇなぁ』とか。

自分の思いを全てぶつけるわけにもいかず、かと言って想像した相手の反応にビビったり怖気付いたりしたり。

未だに僕ではない誰かと闘いながら『まぁ俺は俺だし、しゃーない』と思いつつ日々を過ごす。言葉にするように簡単に割り切れないけど。

 

でも、誰かと比べても、自分は誰かにはなれない。せいぜい『誰かを真似しようとする自分』だろう。

 

だから、なるべくなら自分は自分と思いつつ、『相手がどう思うかを勝手に推測しても仕方ない』として、気持ちを伝えるのがいいのではないか。

まぁ『俺はこう思ってる、君がどう思うかは知らない』では成り立たない事が沢山あるけれど。

 

せめて近しい人とは相手がどう思うか?とか推測せず俺はこうだな。を言えるようにしたい。

 

そんな事を寺地先生の本作から改めて思った次第です。

 

作品の内容について思った事は男である僕としてはミナのお母さんの章を読んでみたかったかな。触れ合うことのない、でも五十嵐を車で何回も同乗させてた心情は後学の為に知りたいところです。寺地先生。

 

あと勝手なイメージとしては安藤針は『椎名林檎』だと思う。正解はそれぞれの中に。とは思うけど僕のイメージとして。

 

なんだかんだと小説を読む事を少しずつ復活させてくれている寺地先生に感謝しつつ、SNSなんかで『どうしてあの人はあんなにいい暮らししてるの?どうして私は?』とか思っちゃったりする人は本作を読むといいと思う。

 

2021年最初の一冊。

良かったら是非。

 

 

どうしてわたしはあの子じゃないの

どうしてわたしはあの子じゃないの

 

 

 

 

 

 

 

2020年1番面白かった漫画

困った。大晦日まで決められなかった。

去年は『フラジャイル』15巻を読み終えた直後に「凄い事になった」と思ってほぼ年間ベストは即決定したのだけど、今年はそこまでのものがなかったというか、自粛期間で家にいて過去の漫画の読み返しも含めたくさん読んだのでハードルがどんどん上がって『今年刊行された漫画で1番熱かったもの』を選ぶのが難しくなってしまった。

いっその事『該当なし』を選ぶのもありかと思ったが年間で1番を決めるのは大事な事な気がする。

面白いものがなかったのではなく

・去年のフラジャイルが熱すぎた

・完結やシリーズ(〇〇編)の区切りの作品が多く『次が次が読みたい!』と渇望するような感じではなく『終わった』という満腹感が強かった。

というような状況なので、例えるなら『2019のM-1は凄く面白かったが、2020のM-1は全体的に面白かったけど大爆発がなかった』みたいな感じ。

伝わりますかしら?

 

そんなわけで

・今年から始まった面白い漫画

・来年ヤバいぞの漫画

は別に書きたいと思ってますが、ひとまず年間ベスト1を選ぶと

 

『葬送のフリーレン』となりました!

 

上でグダグダ書きましたがフリーレン面白いです。普段単行本で漫画を読んでいるのにサンデーうぇぶりの連載で週刊で読んでいるので余計に単行本になった時の衝撃が薄れてしまっているのだと思います。

『毎週楽しみにしている』と大人になって漫画を毎週の楽しみにまた引き戻したパワーがあるという意味では圧倒的に1番です。

 

特に具体的に言及しないので騙されたと思って読んでもらえると嬉しいです。

3巻のカタルシスは週刊で読んでいても相当だったので、年間ベストに相応しいと思います。

 

来年も漫画ライフを楽しみます。

 

今年もありがとうございました。