読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

頭の中をさらす。20140506

GWが終わった。ゴールデンウィークとか言うらしい。言うらしいとか白々しく書いているけれど。
実際のところ四連休でどこが黄金週間なんだよ?って気持ちになるくらい心が刺々しい。単純な話で明日から仕事だから。

仕事のせいにしているけれど、もしかしたらそうじゃないのかもしれない。
4連休中に僕の携帯に来たメールがユナイテッドシネマとヤマダ電機からのメールだけなのも影響しているという事実を認めるべきなのだろうか?

何にせよ4連休は終わった。
当たり前のように休んでいるけれど、GWに働いている人も沢山いるし、何より僕が連休中に訪れた商業施設については働いてくれている人がいるからこそ、食事ができたり映画が観られたりしたわけなので、僕の4連休が楽しかったどうかなんて悲しい話より、そういうサービス業に従事されている人も別の日でいいから4連休くらいあって欲しいななんて思う。

そうそう。いつもは自分自身へのログなのに第三者を想定してメールのようにブログを書いているけれど今日は完全に自分語り。文体を変えようとかスタイル自体に変化をもたらしたいとかそこまで深いところは考えていなくて、気分。いや、でもちょっと嘘。

ちょっとだけ自分の心情というか深いところに潜ってみたかった。いつもだったらやっぱり読んでくれる人がいるわけで何か丁寧に書かないといけないかな?とか言葉を整えてから書くべきか?とか思っているのだけれど、今日は思った事を片っ端から書いてしまおうと思ってキーボードを打ち出した。

そんなことを書いているけれど実際は思考の方が断然早くて、数秒遅れてようやく文字にできている。しかもブログに文章として残すことを前提としているから思考の時点で言葉は選んでいる。だから完全に頭の中を見せているわけじゃないし、これはそんなに簡単にできることじゃないようなぁとも思うのだ。

ただね。もうちょっとこう胸元を開けよう。そんな気分になった。

僕は人へ対する敬意は大切だと思っていて、もちろん自分自身が人見知りをするタイプであるという事もあるけれど、いきなりフランクに話すのはとても苦手。
例外があるとしたら仕事の商談とかで。それは別に会社の立場を利用して居丈高になるとかそういう事ではなくて仕事としてミッションがあるわけだからそこに至る最短ルートを通るためにどうすればいいか?を逆算して話す感じ。とはいえ敬語であることはかわらないからやっぱり丁寧に書いているのかなぁなんて思う。

ネットとかで色んな人の意見を読んだりしていると時にこういう敬語を使った話し方というのに関して心を開いていないというかフレンドリーじゃないなって感じる人がいるのだなぁと思った。それはそれでそういう人もいるし、僕みたいな人もいるのだと思う。
この前読者登録しているブログで「上から目線」の話題があって、あれも個人的には敬意の問題かなぁと思った。言葉遣いとかじゃなくて、なんというか。うん。うまく言語化できない。
それにちょっと今現在ではそのブログ自体に書かれたものを明確に覚えているわけじゃないので、間違ったまま言及するのもよくないかしらね?

連休が終わったって事は明日から仕事になるわけだけれど、会社の同僚なんかは休暇明けにfacebookで書かれた事を前提に話をしたりしている。それってとても窮屈そうに思える僕は偏屈なのだろう。未だにfacebookはやってない。僕の4連休を完全に公開したら人によってはうらやましいと思う人もいるかもしれないし、つまらない人間だなぁと思われるかもしれない。で、僕は人の評価ってあまり気にしないというか、気にするのだけれど、気にしてもしょうがないというか。

ほら、人って必ずしも誰からも好かれる訳じゃなくて、大半は無関心でしょ?好きか、知らないか、まぁたまに嫌いもある。人の正確によっては嫌いって人の方が多かったり、それは個人の資質によるところだと思うのだけれど。

要は人から嫌われる事は普通にありうることだよ。って事は真理というか当たり前すぎる事。でも、やっぱり嫌われるのは好きかと言われればそれは嫌だよねと僕は思う。思うけれどそれは仕方がない事なのだと言い聞かせるしかないよなぁと思う。そんな感じ。

何か話がそれたね。facebookについて書いていたのだった。なんにせよ苦手。苦手だから克服しようという前向きさがないから苦手なままになっている。自分が人とコミュニケーションをとるのが苦手なのを再度自覚するのがシンドイんだよね。

やってもいないのに苦手とか書いている時点で浅いなぁと思う。なんだろう?僕はどこまでその人に踏み込むかがわからないのだと思う。会社の人達と繋がり、学生時代の友人と繋がり、どれも均等に同じ情報を共有しようと自分が観た映画や読んだ本や食べたものをUPしていいね!をもらうと何かいい事があるのだろうか?
情報開示の均一性が面倒なのだ。「あぁそういうの気にするならgoogle+があるよ!」みたいな事もあると思うのだけれどそういう事とちょっと違う。

なんだろうなぁこの自分の事はブラックボックス化しておきたい気持ちと、それを開示したい気持ちのせめぎ合い。開示するのは楽なのだと思う。実際4連休にした事なんて特にスペシャルな事は何もないから別に知られても問題ないのだけれど。以前話題になった「承認欲求」というものなのだろうか?自分にその気持ちがあるのがわかっていて、それをででーんと開示するのが何というか僕の中でちょっと下品に思っているのだろうか?

でも下品とか書いているけれどブログである程度書いてるよね。4DX行ってきたとか。だから下品とまでは思っていないのだろう。よくわからない。人から凄い人だ!うらやましい!とか思われたいかというとそうじゃない。あぁちょっとわかった。僕の場合は自己承認が足りないのだ。
自分の事は好きだし、自分を大切にしていると思うけれど、なんか自分を認められない。それがなになのだろう?というのに答えは出せていない気がする。

つまらない人間なのはわかっている。と書くと、そんな僕と友人でいてくれる人に失礼だろって凄く思う。平気で「つまらない」とか人に投げかけられる人って凄いなぁと思うが、そういう人の方が多いんだろうね。”自分にとって”つまらないか、面白いかを表明しているだけなのだから当然だろ?って言われそうだし。ただ僕にとっては”自分にとって”という主語をはずしてつまらない人っているレッテルのように人を定めるのは好きじゃないってだけ。
だって”僕にとって”つまらない人でも、”他の人”にとってはかけがえのない人かもしれないから。

そういう事を意識しだすとネットでは色んな事が話しにくくなる。

・・・・

上の文章を書いてから1時間くらいあいてしまった。友人より電話があった。別の友人の周りで不幸があって友人としてどうするか?ってメールでやりとりをしていたのだけれど、仕事が終わって電話をくれたのだ。
方針は決まっていてメールをしようと思っていたところだったから丁度よかった。で、要件を伝えて近況について1時間くらダベっていた。
友人は工場に勤務している。1日14時間くらい働いていて大丈夫かよ?っていうか労働基準はどうなのよ?って話だが残業代は全て出るようなので、まぁお金にはなるってことで。でも体が資本の仕事だから体を壊さないようになーとか言いながら僕自身の仕事の失敗なんかを話しながらタラタラと会話を続ける。本当は連休に休みなら実際にみんなで集まってそんな話をしてダラダラしたかったのだけれど実現しなかったな。
でも、まぁこの歳で電話を1時間もできる友人がいる事に感謝。

僕は友人の数はとても少ない。とてもとかいっているけれど正直なところ37歳くらいの人がどのくらいの友人を持ち、どのような頻度で遊んだり連絡をとるのが一般的なのかは知らない。
ただ、自分の課題というか残念なところは”新しい友人”が作れないでいる事で、本当はもっと自分の趣味に偏ったり、一緒にゲラゲラ笑いあえるような友人がいたらいいなと思う。

今の友人たちはもう20年以上付き合いのある友人達が大半(といっても少ないけれど)だから、兄弟のようなものだ。この友情みたいなものは一生ものですけん。と書いて”あぁ『坂道のアポロン』?”とか突っ込んでくれる友達が欲しい。

趣味友というのがいないのだろうか?漫画の話とかしたいなぁと思ったりするのです。
ゲームの話もしたいけれど、最近現役じゃなくなっていると思うので、漫画の方が現役かな?現役って何だよって自分でも意味不明だけれど。

さて、ちょっと集中が途切れたので今日はここまで。

明日はいつも通り「GWを振り返る」とかいう題名で、こんばんは。からはじまるブログを書いているかもしれないし、今日みたいな文章を書いているかもしれない。そもそも仕事を4日ぶりにしたことで疲れ切っていて数行で終わるかもしれない。

わからないけれど、何かしら書きたいなという気持ちはあるのですよ。

4連休は終わった。全然ゴールデンでもウィークでもなかったけれど、それなりに休みを楽しむ努力はしたつもり。

まとまらないし、まとめる気もなく。でもいつもこんなことを考えながら、もっと深く深く時にもぐりながら自分自身を見つめる努力はしているつもりです。それがいい事か悪い事かはわからないのだけれど、まぁこれが今日の僕でした。

それでは、また。