読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

映画『清須会議』観てきたよ。感想等。

映画

三谷幸喜監督作品『清須会議』を観てきました。

歴史として清州評定は知っている。
三谷原作小説は未読。
という状態で映画を観ました。

ネタバレは極力しませんが、結論。長い。

いやーもうちょっと短くできただろ。時代劇やりたいから詰め込んじゃえ!って感じなのか、全体的に長かったです。

長く感じた理由の一つに結果が分かっている。っていうのもあるせいかと思います。

軍師官兵衛と共に、ロビー活動で指示を広げる大泉秀吉。
これが正攻法というか、普通過ぎて面白くなかった。

歴史もので結末がわかっているからこそ、そこに至る過程を偶然が偶然を呼んで、
結果的にこんなになっちゃった。とかなら面白いなと思うのですが。

こう書いておいて何ですが、映画自体は楽しめますよ。

ただ、何というか惜しいというか、カタルシスがないというか。

個人的には現代劇にして愛知県清須市にある世界的自動車メーカー『KIYOSU』のオーナー社長が無くなった事で起こる次期社長を決める役員会とかの方がドキドキ、ハラハラって感じなのですが。
勝手なイメージですけれど、三谷幸喜監督にはそっちの方があってる気がする。

こんな妄想をするくらい、大泉秀吉のロビー活動は普通過ぎました。
ちなみに大泉洋は演技よかったと思います。人たらしの秀吉をうまく演じてたと思う。
人たらしと書きつつ、心の奥底では野心があってこいつは心許せないな。みたいな。

お笑いどころは役所勝家が担っているのですけれど、彼の実直さと人間臭さの面白さはいいなと思います。
大泉秀吉が所領の配分で人を釣ろうとしているのに対して、役所勝家は「毎年越前の美味い米を送るからな!」で話がすんじゃうと思ってる。

だから結果が逆なら、面白いのですけれど。なんか予定通りのゴールに向かって、予定通りの事が起こり2時間半かけて着地した。って感じで話自体はあまり残りませんでした。

天下を狙う戦国武将の気持ちをどう汲み取るかがポイントだと思うのですけれど、
大泉秀吉は切り替えが早いですね。
信長を失った事に対する悲しみがほとんど描かれていないのです。
亡き親方様、残った織田家の為と実直な勝家に対して、心が揺らいだりする事があればもっと人間臭い話になるんじゃないかと思いました。

まぁこれは単純に好みの問題なので。

そんなわけでして『清須会議』はところどころ面白かったですが、全体的には予想外の事もなく歴史的な決着通りに落ち着いた作品という印象です。


歴史ものが好きなら『のぼうの城』の方が僕は好きかな。

のぼうの城 通常版 [DVD]

のぼうの城 通常版 [DVD]

でも、まぁ豪華な役者が顔をそろえる映画もたまにはあると、普段映画館に足を運ばない人もくるのでこういう大作も必要なのだと思います。

清須会議』★★★

清須会議 (幻冬舎文庫)

清須会議 (幻冬舎文庫)