読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

『パシフィック・リム』前夜祭

映画

※正確には8月7日の水曜日でした。いろいろどころか、かなり頭がダメです・・・

※日記書いてから気が付きましたが、今日は8月6日の水曜日でした・・・
てっきり木曜かと。いろいろダメですね・・・

こんにちは。

明日はいよいよ『パシフィック・リム』の日本公開です。

海から現れた怪獣に立ち向かう人類の英知の結晶。巨大ロボット”イェーガー”

実は僕、結構冷静です。

ロボットアニメのシチュエーションを実写で。っていうのは凄い事なんだろうと
思いますが、ゲームも好きな僕は映像が自分の想像の上にいく体験っていうのを
ゲームでも味わったりしています。
うぉー!こんなリアルなのか!とか。まぁゲームはそっちに偏り過ぎてしまい、
本来の面白さが減った気もしますが。
※そもそもゲームをする機会が減っているので僕の所感ですけれど。

だから、”遂に実写で巨大ロボが!”とかについては、ちょっと冷静。

では、何に期待しているかと言えば、
想像を超えた驚きがあるんじゃないか?

に期待しています。『パシフィック・リム』に関しては脚本が凄いとかそういう事ではなく、
ただ、ただ圧巻の映像があると思っています。
その圧巻の映像が想像以上で興奮する事に期待しています。

僕は目が悪く、最近はコンタクトも止めてしまったので
メガネでの映画鑑賞となります。

この映画はIMAXで見るべきだと思ったので、IMAX3Dにしました。
そしてWメガネとなり字幕が面倒になると思ったので、吹き替えを予約しています。

声優陣もそつがないというか、昨今の人気タレントを出しておけばOKだろ?っていう事ではなく、
本業の人たちが声をあてているので違和感がないんじゃないかなぁと。

冷静であると言いつつ、明日予想を上回る衝撃がきたらいいなぁと楽しみにしています。

久々の映画なので、感想も書きたいと思います。

それでは、また。

パシフィック・リム ビジュアルガイド (ShoPro Books)

パシフィック・リム ビジュアルガイド (ShoPro Books)