読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

お勧め本『葉桜の季節に君を想うということ 』

例年より早く桜が咲いて、そろそろ散りだすのを見ると思いだす小説がある。

僕は漫画もゲームも小説も好きなわけで、時間がいつも足りない。
本当はもっと気楽にいろんなものに手を出したいのだけれど、集中力が続かないからなかなか難しい。

だから、
漫画には漫画の。
ゲームにはゲームの
小説には小説でしか味わえない物語に出会うと感動するし、あぁ素敵な時間を過ごしたなって思うのだ。

今日紹介する小説
『葉桜の季節に君を想うということ』
は、まさに小説でしか味わえない極上の1冊だと思う。

この小説はミステリーなので、読む人にとっては生涯で1度しか味わえない瞬間が隠されている。

だから、この小説を読むときは前情報を一切いれず、読み切って欲しい。
本が好きな人には有名な小説だし、紹介する方としても映画『スターウォーズ』という名作がある!(キリッって言っているみたいで
恥ずかしい気持ちもあるのだけれど、

僕はたった1人でも知らない人がいるなら、その人への小説との出会いが生まれればいいと思っている。

『葉桜の季節に君を想うということ 』は僕にとって小説でしか味わえない面白さを教えてくれる1冊だ。

だから、偶然この文章を見た人は、騙されたと思って手に取ってもらえるとうれしいです。

詳しく書けないのは、書けば書くほど感動が薄れるから。
何も知らない状態で1つの物語を読んでください。

それでは、また。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)