読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

父へのありがとう。

今週のお題

今週のお題「卒業」

卒業がお題となって、ふと思ったのが大学の卒業式だった。
もうあまり覚えていないのだけれど、卒業式には父が来てくれたと思う。

卒業式の後はゼミの飲み会だった気がするし、別の日だったのかもしれない。

何しろ、来てくれた父と式の後に二言、三言話して「俺用事あるからさ」みたいな感じで
別れたのだと思う。

情けない話だが、今日、この瞬間まで、僕は自分が大学に通わせてもらったことに正面から感謝の言葉を
伝えたことがないのに気が付いた。

もう父はこの世にいないので、直接伝える事はできないわけだ。

大学時代は不思議だ。希望して進学した大学ではなかったけど、
中学や高校では味わうことのできない、縛られない時間を4年間も使わせてもらった。

ただ1日本を読んでいただけの日もあれば、寝ているだけで終わった日もある。

ものすごく贅沢な時間を僕は親からもらっていたのだ。

今度の墓参りをする時にしっかりと「ありがとう」を伝えようと思う。

卒業は一つの区切りだ。でもその卒業という過程を得るには、きっと沢山の感謝を伝えなければ
ならないのだと思う。

あの贅沢な時間はきっと青春時代と呼べるものなんだろうな。
当時は楽しくないこともたくさんあった。
でも、それでも輝かしい時間なのだと思う。

今年もいろんな卒業をする人たちがいる。

たくさんの「ありがとう」が飛び交いますように。

横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)