読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

休筆日と『進撃の巨人』12巻読んだ。あと徒然。

こんばんは。

帰宅してメシ食べたら凄く眠くて、なんとか風呂に入って持ち直しました。

休筆日と書いてみて、要はブログ書くことないし休むよっていうのを物凄く恰好つけていってみたのですが、どう考えても僕のブログは筆ではないわなと。

なんか更新はするけれどブログを休むというのがしっくりくる単語ないかなぁと思った次第です。

僕はブログ書くときに何かの感想とかはある程度書く事をイメージしながらかくのですが、今日は本当に何も考えてなくて。おかげさまで考えた事に対してあまりタイムラグがなくブラインドタッチできるくらいには書けるので休筆とか格好つけた割には眠気も緩やかになったし今日考えた事をダラダラと書いて寝ます。

 

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

 

 でました12巻。っとやっぱり感想を書こうと思うと手が止まって頭で先に考えようとしちゃいます。今日はできるだけ考えない考えない。だから言葉遣いがいつも以上におかしくてもご容赦を。

感想としてはもどかしい。意図的にもどかしくされているのがわかるし余計に悔しいというか。

登場人物のうち、敵対勢力(巨人側)は事情を把握したうえで自分達だけがわかる会話をしているのですよ。人類側である主人公陣営と読者は何のことやらわからないまま。

そろそろナゾトキをしてくれてもいいんじゃないかしら?と思いつつ焦らされているなぁと。作者はドSだ。

別にネタバレしようにもそもそもよくわからないし、迫力はあるな。とかこの巻がアニメ化されたらどうなるかしら?とかを想いながら読んでいました。

相変わらずモブではないキャラクターも平気で殺すので油断なりません。

さてさて13巻はどうなることやらです。でもちょっとテンポはこれまで以上に悪くなっているとは思うのでもうちょっとスピード感が欲しいなというのが僕の感想でした。

その他、徒然。

ここからは特に何もなく思考を彷徨わせます。

昨日ツイッターでフォローさせていただいた方と話してて思ったのですが、テクノロジーの進歩で今人がアナログでやっている仕事がどんどんなくなっていくわけなのですよね。僕は推進賛成なのですけれど。実はビジネスチャンスとか逆に自分がこの先生き残れるのか?を考えるのには大切な事かと思ったり。

この前amazonが小型の無人飛行機みたいなので宅配を検討みたいなニュースありましたけれど、あれが実現するだけでヤマトとか宅急便のドライバーという職業が激減するんだよなぁと。極端な例だけれど、ゆるやかにでも確実に自分の仕事が奪われていく時代に何も考えず立ち止まっていると死んじゃうなって思ったり。

貴方のお仕事大丈夫ですか?僕は機械化しなくても誰でもできる仕事なのでいつでも危機感もってヒーヒーいっております。ヒーヒー。

あたしが死んでも変わりはいるもの。すげー当たりまえ。

あと今年の夏、一部熱く話題になった『パシフィック・リム』がソフト化されました。

 

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

 

 日本の公開は2013年8月9日ですよ。まだ半年も経ってない。

熱烈なファンの方々は心待ちにしているようですし、それは素敵な事だと思うのですが、一方で話題の作品がこんなに早くソフト化されるなら映画館いかなくてもいいよなって人が多くなるのも仕方がないなぁなんて感じます。

根拠とか知りませんが。

もちろん言い分として『パシフィック・リム』みたいな映画は映画館でみないとその真価はわからないと思うし、ファンの人にとってみたらソフト化は最高の体験をした後の、あくまで追体験。みたいな位置づけなのかなとか思います。

要は何がいいたいかといえば、映画館。大変だよね?って事で。映画館で映画を観るのが好きな僕にとっては映画館はなくなったら困るよなって話でした。

でも映画館でエンドロール中に席をたってしまったり(これはまぁしかたがない部分もあるのかな?)なにより映画の最中にスマホ弄るやつは映画館くるなよバーカ。バーカとか思いますね。すっごく眩しいの。うぉまぶし。

でも映画館には潰れないで欲しいのでお客さんが来てほしいし、映画館の大スクリーンで映画をみるのが好きな人が増えたらうれしいなとわがままな事考えております。

「いや、今のTVは大きいから映画館意味ないじゃん」みたいな人もいるかもしれまえんがIMAXとかで映画をみたら面白いと思いますよ。

って頭の中の何か得体のしれない映画を否定する人を想定して書いていますけれど、出発点は映画のソフト化が早まれば早まるほど映画館に集客をさせるのは大変だろうなって事です。

とりあえず1800円は高いので常時1200円くらいにならないですかね。そしたらポップコーンとか気楽に買えるんじゃないでしょうか?

休筆とかいいつつ、結構何も考えないでかいているわりにはそこそこ文字数をかけました。集中がとぎれたようでちょっと手が止まりがちになっています。何度かバックスペース押しているし。なんかだ頭の中で考えながらとかいいつつブログで公開する以上は何かしらの遠慮というか配慮が入っている感じです。だからそもそも思考が遅いのかもしれない。

今日は自分で呟いたのですがゲームをクリアするという行為がとても少なかった1年に感じました。これは記事としてかけそうなのでとっておきます。

漫画についてもこの漫画が凄いとか発表されましたね。僕はもっと漫画の話がしたいので自己満足100%の僕の2013年のまとめは年末に書きたいなと思った次第。

結局、漫画、読書、ゲーム、映画に関してかけた費用はほぼ一緒のように思いますが費やした時間は圧倒的に漫画だったのかもしれません。これは感覚。

こういうの検証してみたいです。誰かと共有したいというより自分の趣味にかけるお金と時間については把握しておきたい。

そんなわけでして今日は徒然なるままに書きました。

そろそろ寝ます。

それでは、また。