読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

『悪人正機』 吉本隆明、糸井重里・聞き手

小説ではなく、糸井重里が思想家の吉本隆明に素直な疑問をぶつけて答えてもらう本。社会人になって読むのが一番面白いと思うが、大学生とかでも十分に楽しめる。

正しい文章は忘れたが、
「どんな凡人だって、10年やり続ければ一丁前になる」っていうのは、心にずっと残っている。

世の中、成功者の本で溢れているけれど、そんな人は成功したから本をかけるわけで、僕らみたいな凡人には無理な話だ。でも、それでも、10年やりつづければいつの間にか一人前だとというのは支えになる言葉だと思う。

僕にとって心に残ったのがここだったが、内容自体はもっとフランクで、綺麗ごとなしの話なので、
「人と同じじゃないといけないんだ」って思っている人は読んでおいた方がいい。

「ほとんどの人は友達はゼロ」なんて、俺みたいに友達がいな(ry