読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパンツは脱げるのか?

30代のおにー・・・おっさんが心のパンツを脱いで話しかけるよ。

映画館で観た2016年映画ベスト10

アンケートありがとうございました。

そんな訳でして2017年になってしまいましたが、2016年に映画館で観た作品の中からベスト10を発表します。
漫画については毎年ベスト1だけはブログで書いていますが、映画ってベスト選定とかした事ないなぁとか思ったら過去にやっておりました。
narushima1977.hatenablog.com

きちんと個別作品についても感想書いているし、どうしてこうなった俺状態です。
2013年に挙げた作品は今見ても勿論面白いのでよかったら上記記事も後で読んでもらえると嬉しいです。

ではでは3年ぶりに復活した年間ベスト映画の発表です。


1.この世界の片隅に
2.セトウツミ
3.ドント・ブリーズ
4.マネー・ショート
5.シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
6.帰ってきたヒトラー
7.ザ・ウォーク
8.ハドソン川の奇跡
9.永い言い訳
10.華麗なるリベンジ

今年は邦画・洋画共に素晴らしい作品が多かったですが僕の印象としては物語の結論だけはわかっている作品が多かったように思えます。
そういう中で完全オリジナルの作品は凄いと思うし、反面でわかっている歴史の中で何があったのか?を深堀したような作品も印象深く残りました。
ランキング自体は大した意味はないのですがランキングを決めるにあたって鑑賞した作品を思い返すと色んな感想がポンポンでてきて、
「あぁもっと個別の感想を書いておけばよかったな」と思ったりしました。
選外になった作品も含めて思い出し映画感想とでも題して今年は更新していこうかなと思っています。

では、各作品毎の軽い感想です。


1位 この世界の片隅に

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

公開初日に鑑賞。エンドロールが終わった後に拍手が起こった映画っていつ以来だろう?と思いました。スターウォーズのようなファン全員が観に来て公開初日に歓声で迎えられ、拍手で終わるようなファンに長く愛される作品というわけでもなく、ただこの映画に賛辞を送る手法が拍手しかない人が拍手をしていた。そんな映画でした。僕は「あぁ映画っていいな」と言葉にできない感動でその決して大きくもなく小さくもない拍手を聞いていました。このエントリーを書いている時点でまだ公開中ですので迷っている人がいるなら背中を押したい映画です。
過度な感動や主義を押し付けるものではなく、戦時中という時代は本当にあり、その中で日々を精一杯生きてきた人達がいて現代の僕たちがいる。原作も素晴らしいけど、映像化されて更に血肉が与えられた作品でした。


2位 セトウツミ

セトウツミ 豪華版 [Blu-ray]

セトウツミ 豪華版 [Blu-ray]

大好きな作品。瀬戸と内海の放課後にお邪魔させていただきました。彼らがずっとこれから先も続く友情を育めるかなんかはわかりません。でも高校時代にあの時、あの場所で、あいつじゃなきゃダメだったという経験は多くの人にあるのじゃないでしょうか?どこかノスタルジックで羨ましくて。いつもくだらない話をしていたけど、心が豊かだったなと感じるくらいには僕も歳をとりましたね。


3位 ドント・ブリーズ

こちらも絶賛公開中。ちなみに1票も入らなかった「今映画館で観るべき作品」はこの作品です。
映画館で映画を観るというのは約2時間。作品に集中する訳で言いかえると自分自身が拘束されている状態です。
この映画は約90分間、映画館の観客皆が息を止めて主人公達が生還できるのか?を疑似体験するような作品でした。
バイオハザードの新作なんかも近いかな。この作品だけは予告編を貼り付けておきます。
youtu.be


4位 マネー・ショート

リーマンショックで儲けた人達の物語。っていうと身もふたもないですがアメリカで起こっていた住宅バブルをバブルと見抜き投資に勝負をした物語です。僕たちはリーマンショックが起きた後の世界に今を生きているわけで主人公達が基本的に勝ったのか、負けたのか?はわかっているわけですが、当時彼らのおかれた状況と信じぬく力って一度でも株関連に手を出した事がある人なら物凄い共感とカタルシスを得られる作品です。


5位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

アベンジャーズ」の時に素直にマーベルの世界に入り込んでおいて良かったと今では心から思っています。キャップ恰好いい。
ヒーローの内戦であり見どころはそこ。ってなりがちですがこの作品はしっかりと「キャプテン・アメリカ」でした。
これからもMCUの世界にどっぷりと浸かりつつ。シビル・ウォーが自分の中で5位な訳ですから、今年はどんだけ僕にとって豊作だったことか!


6位 帰ってきたヒトラー

2016年に本物のヒトラーが蘇ったら?2016年はイギリスのEU離脱、アメリカのトランプ勝利等、いつか振り返ると歴史の転換期と呼ばれるかもしれない年だと思います。そのような年にヒトラーが蘇ったらというifの物語が展開されるというのはなかなか興味深く。ヒトラーは地方を回って国民の声をしっかり聴いて、ドイツは強く有るべきだ!と叫び大きな支持を得ていきます。怖いですよこの作品。


7位 ザ・ウォーク

1974年にワールドトレードセンターを綱渡りした男の物語。
IMAXで観ましたが、その映像に震えました。基本映画館で観るべき作品だと思いますが、物語としても面白いです。何故ワールドトレードセンターで綱渡りなのか?そこに世界一のビルがあったからなのでしょうねぇ。馬鹿な男に惚れた人達のプロジェクトX


8位 ハドソン川の奇跡

こちらも事実を映像化した作品。2009年の事故ですからなんとなーく覚えておりますがアメリカの話であり当時何が起きていたのか?をより詳細に映画で魅せていただきました。
僕らが目にした英雄譚の裏側で起こった疑惑。疑惑といっても誰しもが職務に忠実なだけではありますが。
事故は起こったら負けではあるけど、勝てないまでも引き分けにはもっていく事ができる。そしてそれは弛まぬ努力の積み重ねなのだなぁと思える作品です。
人間は誰もが迷いながら何かしらの決断をして前を進む。


9位 永い言い訳

永い言い訳 (文春文庫)

永い言い訳 (文春文庫)

「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた」
キャッチコピーにドキッとした人は観ておくべきです。
目の前の幸せを感じる事がなく。失って初めて気づく。とかいう優しい話ともちょっと違う。まさに永い言い訳を僕らは観るのでした。


10位 華麗なるリベンジ

華麗なるリベンジ (DVD) (雙碟裝Digipack + Special Booklet) (限定盤)

華麗なるリベンジ (DVD) (雙碟裝Digipack + Special Booklet) (限定盤)

久々に観た韓国映画twitterでフォローさせていただいている方がお勧めに挙げていて観に行きました。
SNSで繋がっていて良かったなと改めて今の時代に感謝です。
作品自体は悪に嵌められて刑務所行きになった検事が刑務所で出会った若い詐欺師と手を組んで復讐をするという話なのですが、爽快です。娯楽大作として、何というか時代とか背景とかそういう難しい事を考えずに目の前の物語を楽しむ!って作品でした。


以上、2016年のベスト10でした。ベスト20あたりから絞るのが難しくて「あの作品は入らないのか?」とか自分で自問自答しておりました。
そこらへんはこれから徒然映画感想で書いていきたいと思います。「ローグ・ワン」って感動するポイントは「この世界の片隅に」と同じなんじゃないのかなぁ?とか考えると「この世界の片隅に」に先に衝撃を受けてしまった分、ちと可哀そうな事をした。とか。

今年はもうちょっと映画の感想を書けるかな?ちょっと楽しみではありますが、先ずは「ドクター・ストレンジ」で2017年の映画鑑賞をはじめる予定です。

それでは、また。

徒然日記

最近。ブログをまた書きたいと思うようになってきた。年末くらいからなんとなく思っていたのだけれど。

年始の更新の時はまだ迷いがあって、それは今でも続いているのだけれど、もうちょいな感じがする。
このブログは脈絡もないので口調がその都度変わるのだけど基本的には「貴方へのメール」みたいな感じで話しかけるスタイルが多い。
それを変えるつもりはないのだけど今日はこんな感じで書いている。
徒然日記と書く時は自分の考えてる事を誰かに話しかけるのではなく、自分のログみたいに残そうか?ブログに戻ろうという気持ちも読む人がいてくれて、また読んでもらいたくて。というより自分の書いたものを1番楽しんでいるのは自分だけだなって思うので、こうやって書き残す事がブログ再開のきっかけだったのかもしれない。
そんな訳でこの週末に考えた事を徒然なるままに。
 
フリカエール
ブログ再開について思う事を書いたけど、直接のきっかけは「フリカエール」というアプリじゃないかと思う。これはTwitterの呟きを過去と同じ日付を閲覧出来るアプリで毎日何気なく開くと面白い。面白いと思えるのは過去5年以上の呟きの蓄積があるからこそで「あの時こんな事があった。」とか「こんな事言ってたか!」なんて思ったりして過去の自分と向き合えるというか、変わらない自分に安心したり、変わった自分に気付いたりと僕は楽しんでいる。
結局、自分が1番好きなのだろう。
だから、合わない人には合わないとは思うけど、それなりにTwitterを続けている人にはオススメ。
 
神楽坂とパン屋と僕
金曜日は有休をとって神楽坂に行ってきた。
東京で過ごして20年も経つと自分のライフスタイルに応じて好きな街が変わってくる。
…と、格好つけて言ってるが要は最近は神楽坂が面白い。20代の頃もちょこっと行ったけど、今の方がよく街が見えている気がする。
…と、これまた格好つけて言ってるが、要は「美味しい」のである。
亀井堂のクリームパン。これが本当に絶品で、カスタードクリームなのか、もうタマゴなのかよくわからないプーンとした甘くて優しい香りに包まれるとそれだけで幸せになる。
ここのクリームパンはお土産に持って行ったら、きっとみんな笑顔になるよなって思うのだ。有名店なので何を今更って言われるかもしれないが今更だろうが何だろうが絶品。
クリームパンを片手に坂道を下り、肉まんで有名な五十番へ。
大阪にいく事がほとんどないので行けば喜んで551なのだけれど五十番も侮る事なかれ。都内でもデカくて美味しい肉まんは食べられるのだ。
毎回持ち帰りでは黒豚肉まんとかを買っていたのだけれど最終的な結論として普通の肉まん(大)が1番ジューシーで美味しい。黒豚とか高いし豪華な感じがするのだが家で温めると餡が固い気がする。しっかり蒸し器でやれば違うのかもしれないけど、同じ工程でよりジューシーに肉まんを食べられるのはスタンダードな方だ。
こちらも店先で熱々のをテイクアウトしつつ神楽坂の散策は続いた。
ここで一つ嘘がある。亀井堂と五十番の間に1つお店があって今回はそこに寄ったのだ。
そのお店はPAULというパン屋さん。いつも亀井堂でクリームパン以外にパンも買うし、帰りに肉まんを買うのが決まっているから寄り道しないのだけれど遂に入店。
この店のパンは自分で買ったことがなくて仕事で取引先とお昼をまたぐ商談なんかでランチにこのお店のパンがセットで出てきて食べたりしていた。
お店どこにあるのかな?とか思っていたら神楽坂にもあったという話。お店に並ぶパンはどれも目移りがするくらいキラキラしていてちょっとシャレにならなかった。
フランスパンに大量のツナが入ったパンとホットドッグを購入。こう書くとありきたりなパンなのだけど凄く美味しい。
メゾンカイザーのパンとかも美味しいと思うけど僕にはPAULも遜色なく。
とか言ってたらメゾンカイザーも神楽坂にある訳で、神楽坂が何しろ美味しいのだ。
帰宅後、寒波の土曜に備えジムで運動したが神楽坂で摂取したカロリーを消費できるわけもなく…
とりあえず神楽坂はたまに行くのがいい。家から歩いて行けてたら太るどころの問題ではない。危険な街。
 
ニンテンドースイッチ
神楽坂から帰宅した午後にニンテンドースイッチの発表。
家庭用ゲームから随分離れてしまっているけど
やはり新しい本体の発表はワクワクする。
ゼルダについては前々からわかっていたので楽しみでしかないのだが、マリオオデッセイはちょっと驚いた。僕は元々というかある時期から(多分64)からマリオよりゼルダの方が好きなのだけれどマリオオデッセイは純粋にワクワクした。ちょっとヤバイ。語彙力を奪い取る。
現代でマリオありなのか!となんかぶん殴られた気分。心地よい。


スーパーマリオ オデッセイ Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 出展映像

例によってクズサイトとかで任天堂ネガキャンがされていて悲しくなる。
スイッチが高すぎて株価暴落とか。任天堂に投資できる人でスイッチが高すぎると言う人がいるとしたら「何故もっと馬鹿から金を巻き上げ
ないのか?」って話だろ。
マリオランについて書いた時も同じことを言っているけどネットでは皆平等を装いつつ、年齢も収入も環境も見えない人達の好き勝手な意見の中で公正なものなんてないし、全員と分かり合えるなんていうのはないのだなと思う。
僕は今の環境でちと腰を据えてゲームが出来るかわからないからすぐに買うかはわからないけど欲しい!と思った。
PS4についてもGOW4とKH3の発売日が具体的になれば買うのだろうなぁとか思っております。
ここまで書いて注文していたダンガンロンパが今日も手元に届いていないことに気づく。
ゲームについてはいつか、誰かと語り合いたい。その位には大切なもの。
 
ブログについてアンケートをとった
そんなわけでツラツラと書いてきたけど、やはり誰かに読んでもらいたいという欲もあり、Twitterでアンケートをとったりしている。
回答件数が少ないのはそれだけ僕への興味が少ないことなのだろうとはわかっているけど、回答してくれた方が1人でもいるなら書きたいなと思う動機になる。

よかったらこれからも度々やるので回答もらえると励みになります。
 
今年は恥ずかしい思いをするリスクがあってもやれることはやってみようって気持ちでブログ書いていけたらいいなと思う。
 
それでは、また。